離婚のときにお子さんがいた場合、問題になるのは養育費です
その養育費をあなたは満額貰えていますか?

 

実際のところ養育費は、4人に1人しか貰えていません
もし公正証書があれば給料の差し押さえもできますが、自分でやるにはハードルが高そうですね?

 

でも安心してください!
実際に素人の主婦でも給料の差し押さえできるのです。

 

次の図をご覧ください。

 

養育費受取の現実

養育費割合

 

この図を見ると離婚時に公正調書を作成して養育費をとり決めた人は約3割です。
そして、そのうち養育費を貰っているのはたった55%しかいません。

 

調書で取り決めしてない人に至っては97%が養育費を受け取っていないのです。この現実をあなたはどう受け取りますか?

 

公正調書があっても紙切れ同然です。こんなことがあっていいはずがありません!

 

離婚して養育費を支払って貰えないあなたにとって、とても価値ある情報があります!
この後もぜひご覧ください。

プロに頼まず自分で給料の差押さえができる!

前述のように離婚しても養育費を貰えていない事例はかなりあります。
厚生労働省の調査によると4人のうち3人が養育費を貰えていません

養育費は親ではなく子供の権利です。
親には扶養義務があるので払わなければなりません。

 

養育費のことで悩んでいる方はいませんか?

 

 公正証書や調停証書を作成したが養育費を貰えない

 

 何度催促しても養育費を払ない

 

こういう場合は強制的に養育費を支払ってもらうため給料などの差し押さえという手段が一般的です。
それには、公正調書や調停調書があることが大前提です!

 

ダメと言っている女性

 

もし公正調書、調停調書が無ければこれからの情報は意味がありません。ごめんなさいね。

公正調書や調停調書がありますが、でも
公正調書や調停調書があれば簡単に差し押さえできると思っていませんか?
公正調書や調停調書を差し押さえ専門受付に提出すれば差し押さえできると思っていませんか?

 

残念ながらそんなに簡単ではありません!

 

素人が給料の差し押さえをするのはかなりハードルが高いのです。

給料差し押さえのハードルが高い理由

弁護士費用が高い

@の弁護士費用は通常は30分5,000円が相場です。
給料の差し押さえを弁護士に依頼すると着手金10万円プラス貰える養育費の総額の15%が平均的な相場でしょう。かなり高額なので自分でやれればいいですよね。

 

自分で手続きする知識が無い

A差し押さえの手続きを最初から調べるのはかなり大変です。難しい法律知識を調べるのですから時間がいくらあっても足りませんよね。でも、はじめから手順を教えてくれたらできると思いませんか?

 

相手の住所がわからない

B相手がどこに住んでいるかわからないと差し押さえようがありません。でも住所を調べる方法はあります。

 

 

これらの高いハードルを普通の人でもできるように解説してくれるマニュアルがあればいいと思いませんか?
マニュアル通りに進めていくだけ給料の差し押さえができる。養育費はこれでバッチリ回収できます。

はてなマークの女性

 

そんなマニュアル本当にあるの?

はい!実際に自分で給料の差し押さえをした方の経験ですから間違いありません。
そのマニュアルについて少しだけ解説します。

 

先に詳しく見たい方はこちら >>> 主婦でもできる!養育費の差押えバイブル

養育費のため給料を差し押さえるマニュアルとは

 

養育費を滞納されているなら相手の給料を差し押さえます。
そのマニュアルとは

 

主婦でもできる!養育費の差押えバイブル

 

離婚した主婦の佐久紀子さんが実際に養育費を差し押さえした経験をもとにわかり易く解説したマニュアルです。
佐久紀子はバイブルと名付けています。

 

佐久紀子さんは大変苦労したようですが、養育費の差押えバイブルは苦労した部分はする必要がありません。

 

マニュアル通りにすれば手続きができるってことなの??

簡単に内容を紹介します。

 

申立て書類の書き方

債権差押命令申立書・差押債権目録等の書類のサンプルを参考にしながら解説。サンプルがあるからわかりやすいです。

 

添付書類

申し立て時に必要な添付書類と入手方法を解説

 

相手の住所や勤務先がわからないとき

相手の住所がどうしてもわかないときにどうすればいいか、住所を突き止める方法を解説。
また、勤務先を調べられないとき、調査会社の選び方を解説。

 

差し押さえ前に気をつけること

養育費を差し押さえる前に注意する点一つ。知らずに差し押さえをすると逆効果になるポイントを解説。

 

差し押さえできた後に気をつけること

差し押さえができてもあるポイントを知らないとせっかくの差し押さえが台無しになるかもしれません。

 

差し押さえ前に再び養育費が支払いされたとき、やらねばならないこと

差し押さえを準備中に困った相手から支払いがされることがあるかもしれません。そんな時にこれをやることで再び滞納する可能性を下げられます。支払い側、受け取り側の双方にメリットがある方法を解説。

 

給料がダメな時は預貯金を差し押さえ

働いていなかったり何らかの事情で給料の差し押さえができない場合は預貯金の差し押さえが必要になります。
預貯金の差し押さえの方法も解説。

 

このように誰でも簡単にマニュアル通りに進めていけるようになっています。
さすがに片手間で済むような内容ではありませんが、弁護士を頼まなくても実際にできるのは実証済みです。

 

実際に差し押さえをした方の話を見てみましょう。

 

先に詳しく見たい方はこちら >>> 主婦でもできる!養育費の差押えバイブル

主婦でもできる!養育費の差押えバイブルを実証した方の話

差し押さえがうまくいったという声はこちら。

 

口コミ画像

 

口コミ画像

 

養育費の差押えバイブルは机上の理論ではなく実際の体験からできたマニュアルだからこそ誰でも出来るのです。

 

気になる価格ですが主婦でもできる!養育費の差押えバイブルの気になる価格は9,800円です!
この価格が高いと感じるか安いと感じるかあなたが判断してください。
ただし、養育費の差し押さえにはこのマニュアル代金のほかにも手数料や切手代など数千円程度かかります。

まとめ

本当ならこのような養育費滞納のため給料を差し押さえすることは誰でもしたくはありません。

 

しかし、離婚した相手に、それも滞納している相手に連絡したくない気持ちもわかります。

 

このマニュアルに手を出す前にもう一度だけ内容証明郵便で養育費の催促をしたらいかがでしょうか?

 

それでも駄目な場合は主婦でもできる!養育費の差押えバイブルを実行するしかしょうがありません。